自然豊かな軽井沢の町より…天然木を使用した仏壇・手元供養用品の製造・販売

手元供養

  • HOME »
  • 手元供養

 

家族形態の変化


 

21世紀に入ってから、私たちの生活は少しずつ変化をしてきました。temotoimage1

かつての日本では生まれ育った土地で生計を立て、新たな家族を迎え入れ、新しい命をはぐくみ「家族」の繁栄を行うことが何よりも大切なことと考えられてきたのですが、現代では「自分の生き方」を何よりも大切にするようになりました。ジェンダーフリー、働き方、恋愛、結婚に対する価値観など、それぞれ「個人が考える生き方」を声に出せる…ほんの数十年前には考えられないことですし、必然的に今まで「あたりまえ」としてきた慣習とのずれも生じ始めています。

そんな現代でも変わりなく続いていることは「家族を思う気持ち」。

そんな常に大切に思っている人が天に召されるとき、家族形態が複雑になってきている現代では、かつての様に先祖代々続く墓地や、仏壇を利用し供養を行う人の割合も徐々に減ってきています。

それは、家を継ぐ立場でない場合、また物理的に実家から離れて住んでいる為お墓の維持に頻繁に出向くことが出来ない事や、次の子供の代に同じ苦労はさせたくないという親心、居住空間の広さから仏壇を置くスペースが無い場合、そしてもっと心理的に今までの供養の仕方に対して疑問を感じ受け入れられない場合もあるでしょう。「千の風になって」が多くの人に共感を呼び流行をしたのも、それぞれの人の中にあるお亡くなりになった方らしく祀る、また自分らしく供養を行いたいという潜在的な気持ちの表れだったのではないでしょうか。

このように墓や仏壇の継承問題には様々な理由があるでしょうが、忘れてはいけないのはどの場合でも決して『先祖や亡くなった方を敬わないからではない』ということ。そして心からご冥福を願う気持ちがあればスタイルは関係ないという想いがそれぞれの方の心の中に芽生えてきているのではないでしょうか。

今、「現代を生きる私たちのライフスタイルに合った供養の仕方を真剣に考える時代に入った」と言えるのではないでしょうか。

 

temoto2

 

供養の多様性


現在様々な供養の仕方が考えられ、実践されております。

海が好きだった故人の為に、海に遺灰を撒く散骨。
樹木や山が好きだった故人の為に、大地に遺骨を納めその上に記念樹を植える樹木葬。
個別の墓を持たず、共同の墓地に遺骨を納める方法もあります。

temotoimage3その際、墓がある時との大きな違いは遺骨や遺灰がすべて無くなり、故人と交流できる場がなくなってしまうこと。もちろん最終的は大地に帰えることを望まれるのですからその場に行けばよいのですが、遺族としては故人と向き合いゆっくりと語れる心の拠り所となる場所が無いというのは、実際問題とても寂しいものでしょう。

そこで今注目されているのが「手元供養」という供養方法なのです。

手元供養とはご遺灰やご遺骨の一部を小さな容器に納め、自宅のリビングや寝室などにお祀りし、亡き人を偲ぶ供養方法です。

お墓とは違い、常に自分の生活の一部として供養することが出来、また、お位牌の様に個人の戒名だけが書いてあるわけではなく、故人の残されたお体の一部をお祀りできますので「此処に居てくれる」という実感が素直に湧いてきます。

昨今では美しい装飾を施した陶器やガラス製の小型の骨壺や、おしゃれなアクセサリーとして身に着けられるペンダント、中には宝石のように焼成する技術も開発されておりますが、軽井沢森の雫がご提案する「イノリノカタチ」では日本人の生活に常に寄り添ってきた「木」に特化した手元供養用品をご用意させていただきます。

 

 

 

temoto4

 

木のぬくもりに囲まれ穏やかな眠りを


 

temotoimage2自然素材の代表格である「木」。その木をふんだんに使用した建物に足を踏み入れると、何ともいえない安らぎを感じたことがある方も多いのではないでしょうか。私たち日本人には、家族を養い生活する家屋は少し前の時代まではすべて木造だったこと、また、悠々とそびえたつ大きな大木を「神木」として崇めたり、森林浴として森の木々が発する癒しの気を感じ取ったりする「木の文化」がDNAの中に組み込まれているため、木で囲まれた空間にいると安心感を得られるのでしょう。

その安らぎを感じて眠りについてほしい…そんな想いから木製の手元葬アイテムをご用意させていただいております。

また、木には他の素材にはない独特の経年変化の「美」がございます。お手入れをしながらご使用いただくと、時間の経過と共に表面がつややかな飴色に変化して行き、お手に取った当初よりも趣が増してまいります。お手元で徐々に変化していく様子は、残された遺族の方と共に時間を刻んだことを物語っていると言えましょう。

そして、お祀りする遺族の方がお亡くなりになった際も、木でできた手元供養品は、ご一緒に納棺していただき共に天に召すことが出来ます。もちろん自然素材ですので環境にも優しく自然に帰ることが出来るのも、木の特性ならではではないでしょうか。

自然が好きだった方は「温もりあふれる木の空間で、安らかな眠りについていただきたい」という願いを込めて、一点一点丁寧にお作りしています。

 

temoto1

 

pagereturn

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.